大垣市にある痛みの根本治療で評判のテラ整体クリニック

テラ整体クリニック


腰部脊柱管狭窄症

どんな病気なのか?

背骨には脊柱管と言う神経の通り道があり、腰の脊柱管が何らかの原因で狭くなることが、腰部脊柱管狭窄症です。
腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分の脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っている神経や背骨から出ていく神経の根元が圧迫されることによつて、
腰痛やしびれなどのさまざまが表れる状態を言います。腰部の脊柱管が狭くなる原因は、生まれつき脊柱管が狭いことが深く関係します。
生まれつき脊柱管が狭くても、必ず脊柱管狭窄症になるとは限りませんが、こうした先天性な要因に加えて、腰部脊椎症や脊椎すべり症など、加齢によって起こる病気や変性があると脊柱管狭窄症が起こります。

脊柱管狭窄症の3つのタイプ

神経根型  神経の根元が圧迫されるタイプ。左右両面に起こる事もあるが、ほとんどどちらか片側だけが圧迫されている。圧迫されている側にしびれや痛みなど症状がでます。腰部脊椎症や脊椎分離すべり症あると起こりやすいと言われています。
馬尾型   神経の束である馬尾が圧迫されるタイプ。神経根型により症状が多岐にわたるが、しびれや麻痺のほか異常感覚、排尿、排便の異常が見られることもあります。この型は変性すべり症があると起こりやすいと言われています。
混合型   神経根と馬尾の両方が圧迫されるタイプ。神経の圧迫は両側の場合も、左右どちらかの場合もある。神経根型と馬尾型の両方の症状が現れる。変性すべり症が原因となることが多いと言われています。

テラ整体クリニックの脊柱管狭窄症の施術

骨盤部から頭蓋骨までの背骨(脊柱管)の歪みを検査し、特に骨盤と腰椎を重点にピンポイントで歪みをとります。
体の重心を後ろにかからないように、骨盤の仙骨の調整をして痛みやしびれの軽減をはかります。
仰向けになり両手で両膝を持ち上げて腰や骨盤を丸めて行うストレッチを行うことにより、体重が体の前のほうにかかるようになり、圧迫がなくなり脊柱管がひろがるようになります。


テラ整体クリニックのご案内

住      所:
〒503-0805
岐阜県大垣市鶴見町55-2
アクセス:
大垣駅/バス停鶴見接骨院前下車
北へ徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
0584-75-0631
受付時間:
AM10:00~PM9:00
休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ